チャットの使い方

チャットにはそれぞれエリアや施設ごとにシチュエーションが設定されています。
そのシチュエーションにそって、テキストチャットでロールプレイを楽しむことが出来ます。

早速つかってみる

ロールプレイって?

当サイトでのロールプレイは、イクサ魔法学院という舞台設定に則って作成したキャラクターになりきって、他キャラクターとのコミュニケーションを楽しむことを指します。 「もしも、魔法をつかえたら?」をキーワードに、自由な発想でイクサ魔法学院の世界をお楽しみください!

チャット(施設)の「入室」と「退室」

LINEやディスコードなどのアプリとは異なり、参加する度にチャットでは「入室」が必要になります。
また、複数の施設へ同時参加することはできません。 他の施設に移動したくなった場合、またはその施設から離れたくなった場合には「退室」が必要になります。

チャットでのロールプレイ

それでは実際のプレイを見てみましょう。

風寮ルーシ・談話室でのプレイ
フルーラが談話室にやってきた(yyyy/mm/dd hh:mm)
フルーラ>(欠伸をしながら眠そうな表情でやってくる寮長。お気に入りのソファーに勢いよく飛び込むと、備え付けのクッションを抱え込み、まるで自室のように寛ぎ始めた。)(yyyy/mm/dd hh:mm)
フルーラ>あ~~~~・・・、ねむいぃ・・・寝ても寝足りないぃ・・・・・・でも授業にでないと、ハーツ先生に怒られるうぅ・・・。(クッションを抱きつぶしながら唸りをあげ)(yyyy/mm/dd hh:mm)
ヒュムが談話室にやってきた(yyyy/mm/dd hh:mm)
ヒュム>(教科書を抱えながら談話室を通りかかり)あれ? フルーラ寮長。 どうしたんですか、うーうー唸って・・・どこか具合でも悪いんですか?(yyyy/mm/dd hh:mm)

「入室“後”」と「退室“前”」には描写を行おう

「入室」と「退室」を行うと、システムメッセージで入室者にアナウンスされます。
「入室」ボタンをクリックして入室したら、まずはどんな様子でこの施設にやってきたのかを描写しましょう。

また、退室する際には、「退室ボタン」をクリックする前に、どんな様子でこの施設から去るのか描写しましょう。

セリフとロール描写をかき分けよう

テキストチャットでは、漫画やビデオとは違ってビジュアルがないため、セリフだけでは「誰がなにをしているのか、どんな様子で何を思っているのか」が伝わりにくくなっています。
それを補うために、()で、キャラクターの行動や心情、周囲の様子などを描写します。

まずは参加してみよう!

文章書くのが苦手でも大丈夫!
一度飛び込んでしまえばどうってことはありません。
必要なのは、相手と一緒に楽しむ気持ちです!

チャットのシステム要件・仕様など

チャットのシステム要件・仕様については、システム開発元のヘルプブログを参照してください。

  • 作品の外部利用

    ×不可(サイト内のみ)

  • パロディサイン

    オリジナル作品(元ネタなし)